仕事に必要なタスク管理

しっかりと計画性のある仕事をすすめるためには、何が必要なのでしょうか? 一見、誰もが計画性を持って仕事をしているように見える日本のビジネスシーンですが、まだまだ欧米に比べると改善の余地がある部分が多く見受けられます。 仕事に必要な「計画性」の本質について考えてみましょう。

あらためて考える生産性

わたしたち日本人が抱える仕事上の問題で、いちばん大きなものに、「生産性の向上」があげられるのではないでしょうか? まず知っておかなければいけないのは、仕事における生産性は、仕事に費やす時間に比例してあがっていくものではないということ。 生産性について、あらためて考えてみましょう。

誰でもできるタスク管理からはじめる

仕事場で過ごす時間を有意義なものにするために、また、優先順位をつけ、きっちりと仕事をこなしていくために基本となるのが、タスク管理です。 仕事で必要な知識や技術を、短期間で身につけるのは難しいですが、タスク管理は誰にでもすぐに始められるもの。 タスク管理を上手に取り入れて、仕事の効率化を図りましょう。

計画を立てて仕事をする

近年、日本人の「働き方」が大きな問題となっていますよね。
仕事における効率の悪さ、残業時間、年功序列のシステム、コミュニケーション能力の不足、ライフワークバランス、女性の社会進出の遅れ、共働き世代の働き方など、たくさんの問題点が指摘されています。
これらの課題に前向きに取り組んでいくことは、日本人の仕事に対する考え方や概念、そして、ビジネスシーンの課題でもあります。
その中でも今回は、仕事の効率性について、考えてみたいと思います。
仕事を円滑にすすめるためには、何が重要になるでしょうか?
それは、まず自分に関連したすべての仕事を把握し、計画性を持ちながら、効率よくこなしていくこと。
そして、その場しのぎの対応をするのではなく、ひとつひとつ先を見越して、ビジネスの目線でプラスになるように取り組んでいくこと。
仕事上の基本事項ですが、多くのかたがしっかりと取り組めていない点でもあります。
この仕事上の基本事項とも言える整理をするために役立つのが、タスク管理です。
タスク管理は、別名、タスクマネージメントやTODO管理とも言われ、課題である仕事(タスク)の「計画」「試行」「把握」「検証」が柱となります。
個人の仕事達成で大切になるのはもちろん、グループ単位でも大きな意味を持つのが、このタスク管理。
自分ではきちんとそれぞれの仕事を管理しているつもりでも、あまり重要度の高くない仕事に時間を割いていることがあります。
タスク管理を上手に取り入れて、毎日の働き方に役立てましょう。